無線LAN

自宅の環境が光ファイバーであっても、有線のルーターでは無線LANを利用する事が出来ないので、当然Wi-Fiも使用する事は出来ません。自宅で無線LANを利用してWi-Fiを使うためには、モデムを交換しなければいけないのです。
現在では、光ファイバーのモデムを利用している場合は無線LAN対応になっているので、Wi-Fiの利用料金を払うだけで無線LANが使用出来るようになります。対応しているモデムに変更したら、早速接続設定を行う必要があります。

無線LANの接続設定は、親機と子機の接続を行うので、契約しているインターネットサービスプロバイダーの個人設定が必要になります。その設定を行わなければ、インターネットを利用する事が出来ないので、わからない場合にはサポートセンターに問い合わせしましょう。

無線ランを利用すると、ネットワーク接続が利用出来るようになります。それらを利用すると、Wi-Fi対応のプリンター、パソコン、スマートフォンやタブレット等のファイル移動やコピーが簡単に行えるようになります。
また、外出先からもアクセスできるように設定しておくと、必要になったファイルなどもクラウドサービスなどによりアクセス出来るようになります。

現在では使用するのが当たり前の様になっているのが無線LANです。便利に幅広く利用する事をお勧めします。

Wi-Fi

Wi-Fiは、無線を利用してインターネットに接続する事を言い、各家庭だけではなく、外出先でもこのサービスを提供している場所があればインターネットに接続する事が可能になります。

Wi-Fiを使用した場合、家庭では無線LANルーターが送信機になります。スマートフォンやタブレットは受信機内蔵なので、そのまま接続設定を行えば使用できます。
パソコンは、受信機を用意する必要がありますが、それほど高額な物ではないので、購入しておきましょう。

これらの準備が出来たら、無線LANと受信機側とを接続設定を行い、繋げましょう。
また、Wi-Fiのメリットは、電波を受信できる場所であればインターネットが可能という事で、幅広く利用されています。
家庭だけではなく、屋外でも利用可能で、Wi-Fiの利用が可能なお店でも、接続が出来るようになっていれば、そのままインターネットが可能です。

Wi-Fi接続は、電波が受信出来ている端末であれば、接続設定を行うだけで複数台の接続が可能になっているので、屋外でも利用する方が増加しています。また、各サービスプロバイダーで、モバイルルーターが販売されています。
これもWi-Fiを利用するのが目的で販売されている物なので、試しに使用してみましょう。これを使用すると、複数台の接続が可能になります。

Wi-Fiと無線LAN

現在、インターネットの普及により、各家庭にパソコンやタブレットが普及しています。また、携帯電話も普及していますが、最近ではそのほとんどがスマートフォンになり、いつでもインターネットが出来るような環境になっています。

インターネットが普及している現在では、スマートフォン等の端末を使用している方が多くなっていますが、家庭にパソコンがある方は、それを利用してWi-Fi接続を利用している方が多いです。
最近テレビコマーシャル等で騒がれているのがWi-Fiですが、これはどの様なサービスを言っているのかわからない方もいます。
これを使用すると、インターネットが高速通信になり、さらに便利になるので、使い方を覚えておきましょう。

家庭におけるWi-Fi接続は、無線LANを利用します。それは、以前のようにLANケーブルでパソコンとモデムをつなぐような事ではなく、無線ネットワークを利用してインターネットに接続する仕組みなので、余分な配線が必要ありません。
また、家の中で無線電波の届く範囲であればインターネットが可能であり、パソコンだけではなく、タブレットやスマートフォンなども一緒につなげる事が出来るので、大変便利なのです。
Wi-Fiはルーターの持ち運びができるポケットWi-Fiなども増え、外出先でも高速のインターネット通信ができるようにもなっています。

Wi-Fiを利用するためには、必要な機器があるので確認しておきましょう。
それには無線に対応しているモデムやルーターが必要になり、パソコンには受信機が必要になります。
しかし、スマートフォンやタブレットには、受信機が装備されているので必要ありません。
これらを使用する時には、必要な機器を確認して、準備する必要があります。